地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 園児にサツマイモの植え付けを指導 (2013.06.03)

園児にサツマイモの植え付けを指導 (2013.06.03)

 5月28日、JA新潟みらい食農食育推進協議会は新潟市南区の古川保育園でサツマイモの定植指導を行ないました。植え付けには3歳児から5歳児までの園児47名が参加。

 冒頭、JA職員はクイズを交えながらサツマイモの特徴や植え付け方法を説明。元気に手を挙げてクイズに答える園児の姿が見られました。説明後、圃場に移動した園児たちはJA職員に指示を仰ぎながら、1本ずつ丁寧に植え付け、およそ1時間で100本の苗を植え終えました。

 同園では毎年、野菜の定植を行っているが、JA職員に指導を仰ぐのは今年度が初めて。当JAでは今月22日にもバケツ稲の植え付け指導に職員を派遣しています。

 同園の高野博子園長は「私たち職員が指導するよりも、外部から人を招いて指導してもらうことで、園児たちは、より興味を持って活動に取り組んでくれる」と感想を話しました。

                         サツマイモの苗を植え付ける園児

ページトップ