地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 五泉のチューリップで楽しく工作 五泉地区で支店協同活動実施!(2013.05.02)

五泉のチューリップで楽しく工作 五泉地区で支店協同活動実施!(2013.05.02)

 組合員・利用者との接点である支店機能の充実を図り、地域との結びつきを強化するため、JA新潟みらいは今年度、「1支店1協同活動」を実施します。

 「1支店1協同活動」では、各地区の地域性を反映させながら、地域住民との絆づくりに向けて支店ごとにイベントを開催するなど様々な活動を展開していく予定です。

 第1弾として、4月27日に五泉支店と村松支店合同企画の「わくわくみらい倶楽部」を開催しました。同倶楽部は五泉市の特産品の収穫などを親子で体験してもらうもので、年間4回の開催を予定しています。

 第1回目は「チューリップで工作しよう!親子体験」と題して、五泉市の春の名物の一つであるチューリップを題材に、花摘みや花絵づくり、花びら染めハンカチづくりなどを体験。親子8組23名からご参加いただきました。

 開会にあたり、JAの伊藤能徳理事は「この活動を通して、より多くの方からJAを知っていただき、ファンになっていただければと思います。今日は、五泉市の特産であるチューリップを使って、親子で楽しんでいただきたい」とあいさつしました。

 家族4人で参加した男性(40)は「親子で一緒に参加、体験できるのがよかった」と話し、一緒に参加した女の子(7)は「はじめてハンカチづくりをしたけど、おもしろかった。花絵もたのしかったです」と感想を話してくれました。

 今後、同倶楽部ではサトイモ「帛乙女」の植え付けと収穫や、イチゴ「越後姫」の収穫、そば打ち体験などを計画。第2弾は6月にサトイモの植え付け体験とイチゴの収穫体験を予定しています。
 

赤と黄色のチューリップの花びらから作った染料でハンカチを染めました。

染めあがったハンカチをアイロンで乾かします。

チューリップの花を使って、パンダとウサギを描きました。

親子で仲良く、チューリップの花摘みも体験しました。

お昼はおいしい地元産米のおにぎりと里芋汁でした。大きな千人鍋にみんな興味津々です。

完成した花絵と一緒にみんなで記念撮影。ご参加ありがとうございました。

ページトップ