地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「いもジェンヌ」新スイーツ5月1日販売開始! (2013.04.30)

「いもジェンヌ」新スイーツ5月1日販売開始! (2013.04.30)

 新潟砂丘さつまいも「いもジェンヌ」のブランド化を進める生産者や県、JA新潟みらいなどで構成するプロジェクトチームと新潟大学の学生が共同で考案したスイーツが29日、お披露目されました。

 同プロジェクトチームは29日、新潟市西区山田の「新潟ふるさと村」で「いもジェンヌスイーツまつり」を開き、「いもジェンヌ」のペーストを使用した菓子を製造・販売する市内の和洋菓子店7店舗が出店。同プロジェクトチームと和洋菓子専門店「菜菓亭」が新潟大学と共同で昨年から開発に取り組んでいたパイ菓子「いもジェンヌちゃんのティータイム」を含む約14種類の和洋菓子の試食販売を行ないました。

 「いもジェンヌちゃんのティータイム」はさつまいもを模したバター風味のパイ生地に、しっとりした「いもジェンヌ」ペーストがたっぷりと詰まった洋菓子。約1年前から新潟大学の若い女性が好む味を聞き取り調査し、学生モニターを集め、試食会を行うなどして試行錯誤してきました。

 また、贈答用パッケージも学生がデザインしたキャラクター「いもジェンヌちゃん」を使用するなど、積極的に意見を取り入れました。イベントには開発に携わった新潟大学の学生8人が参加し、来場者に商品の特徴や販売店舗をPRしました。

 開発に関わった新潟大学教育学部生活科学課程4年生は「自分が関わった商品が実際に販売されて、食べた人から『おいしい』と言われることにやりがいを感じている。この商品が新潟のアピールポイントになってくれたら、うれしい」と話していました。

 「いもジェンヌちゃんのティータイム」は和洋菓子専門店「菜菓亭」全店舗で5月1日から販売されます。価格は5個入りで800円。バラ売りも販売予定です。

菓子紹介パネルでPRする学生
 

ページトップ