地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【あぐりスクール】平成25年度開校!阿賀町でそば打ち体験 (2013.04.17)

【あぐりスクール】平成25年度開校!阿賀町でそば打ち体験 (2013.04.17)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は4月13日、「平成25年度あぐりスクール」を開校しました。

 年5回実施する「あぐりスクール」では一般募集した小学校高学年を対象にJA管内で生産する作物の収穫体験や地域で開かれる祭りなどを体験することで自分たちが住んでいる地域の素晴らしさと食材の豊富さを再認識してもらい、地産地消を進めることを目的として同会が平成21年から主催。今年で5年目になります。

 本年度第1回目は33人の小学生が参加。新潟市南区のJA本店で開かれた開校式でJAの渡辺照夫営農経済担当常務は「農業に関心をもっていただき、ありがとうございます。これから半年間、おいしい農産物に触れて、感動を一杯味わってください」とあいさつしました。
 
 その後、スクール生は東蒲原郡阿賀町に移動して上川地区で栽培されたそばの実を使った「そば打ち」や、津川地区で毎年開かれる『狐の嫁入り行列』の「狐メイク」を体験したほか、木工作品作りを行ないました。 

 参加したスクール生は「自分で打ったそばは店の味と少し違っていたが、おいしく作れた」「移動するバスの中から阿賀町のきれいな景色が見れた」などと感想を話しました。あぐりスクールは11月末まで続きます。

今年のメンバーは34人です。一年間よろしくお願いします!

阿賀町の上川会館に到着し、先生からそばの作りかたを教えてもらいました。
 

自分たちでも早速挑戦!
 

細く切るにはコツがいります。「うどんみたいになった~」との声が方々から聞こえました。

うまく出来ました!

みんな手作りのそばで昼食をいただきました。

昼食後は狐メイクを体験

みんなで集合写真をパチリ!

写真立て作りにもチャレンジしました!

最後はJA本店で振り返りを行ないました。みなさんまた次回をお楽しみに!

 

ページトップ