地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「五泉チューリップまつり」開催中 30日まで (2013.04.25)

「五泉チューリップまつり」開催中 30日まで (2013.04.25)

 新潟県内でも有数のチューリップ産地である五泉市で、4月20日から「第26回五泉市チューリップまつり」が始まり、訪れた人たちは写真を撮るなどして色鮮やかな景観を楽しんでいます。

 同市一本杉の3ヘクタールの畑に150万本が植えられ、赤・白・黄・オレンジなど色とりどりの花が咲き誇る。会場ではJA新潟みらい五泉園芸組織連絡協議会球根部会によるチューリップ販売のほか、同市観光協会やJA新潟みらい女性部による物品販売・プリザーブドフラワー等が販売されています。

 20日の開会式でチューリップまつり実行委員会の伊藤隆夫会長(JA新潟みらい五泉園芸組織連絡協議会会長)は「ここ数日の天候不順で花の開花を心配したが、圃場主の方々の努力のおかげで見事な開花となった」と感謝の意を述べました。今年は春先の低温による開花の遅れが心配されたが、ほぼ例年通りに開花しました。

 チューリップは連作障害があるため、チューリップまつりは毎年少しずつ畑を変更して開催している。近年は同市巣本地区一本杉地内の畑を数ヶ所選び5年程度のサイクルで会場を変えている。

 まつりは4月30日まで。

                         来場者で賑わうチューリップまつり
 

ページトップ