地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 「いもジェンヌ」新スイーツパッケージを検討 (2013.01.25)

「いもジェンヌ」新スイーツパッケージを検討 (2013.01.25)

 耕作放棄地対策の一環として誕生した新潟砂丘サツマイモ「いもジェンヌ」のブランド化を進める生産者・県・JA新潟みらいなどで構成するプロジェクトチームは22日、新潟市西区の新潟大学で「いもジェンヌ」を使用した新スイーツのパッケージ検討会を開きました。

 同プロジェクトチームでは昨年から和洋菓子専門店「菜菓亭」に若い女性をターゲットとした新スイーツの制作を依頼。また、新潟大学の学生と協力し、試食会を開くなどして食味等を検討してきました。

 この日は、菓子のパッケージサンプルを女子学生やプロジェクト関係者12名で確認。箱の形状や、色彩、記載される字形について意見交換を行ないました。 

 新スイーツのパッケージには同学生がデザインしたキャラクター「いもジェンヌちゃん」が使用される予定で菓子名も学生の意見から「いもジェンヌちゃんのティータイム」に決定しました。

 同プロジェクトチームでは、2月上旬にパッケージの最終決定を行い、今春の販売開始を目指しています。

                   「いもジェンヌ」は当JAネットショップでも販売しています

ページトップ