地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 【親子米づくり体験】閉校式で新米を贈呈 (2012.10.26)

【親子米づくり体験】閉校式で新米を贈呈 (2012.10.26)

 JA新潟みらい食農食育推進協議会は、10月20日にJAの中野小屋支店(新潟市西区)で「親子米づくり体験」の閉校式を行いました。

 親子12組32人が参加し、JAの渡部修一常務から参加者に修了証書と記念品、収穫した新米などが手渡されました。

 親子米づくり体験では、5月に苗の手植えを行い、9月に手作業で稲を刈り取り、はざ架けを行いました。また、稲の生育状況をJAのホームページに定期的に掲載したほか、希望者には6月に施肥作業も体験してもらいました。

 渡部常務は閉校式で「皆さんはこの親子米づくり体験を通してJAと接点ができた。これからも気軽にJAの施設に足を運んでいただきたい」と参加者に呼び掛けました。

 この日は閉校式のほか、同JAのブランドさつまいも「いもジェンヌ」の収穫体験や、新潟国際情報大学で開催された「西区大農業祭 新米・大根・ねぎの収穫祭」の見学も行いました。

 参加者からは「初めて米づくりを体験して、農家の方のご苦労を感じました」「さつまいも掘りが予想以上にとても楽しかった」といった感想が聞かれました。

JAの渡部常務から修了証書が手渡されました

参加者には自ら田植え、収穫を行った新米を贈呈

西地区のさつまいもブランド「いもジェンヌ」の収穫も体験

たくさんとれて皆さん楽しそうでした

 

 

【親子米づくり体験】前回の記事はこちら

ページトップ