地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 災害時サポートを約束 (2012.09.12)

災害時サポートを約束 (2012.09.12)

 9月12日、「災害時における物資等の供給協力に関する協定」の調印式が五泉市太田の五泉市役所で行われました。同協定の締結により災害発生に対処する手段として、物資の供給等について、JAは五泉市をサポートします。
 
 式には伊藤勝美五泉市長、JA新津さつき圡田清一組合長、当JA髙橋豊組合長の他、行政・JA関係者らおよそ10名が出席。

 同協定は五泉市内に避難所を開設する規模の災害が発生し、または発生する恐れがある場合において、五泉市からの要請をうけて、物資等の供給に協力する事項を定めています。

 主な内容は米・野菜等の食料全般とガソリン・灯油等の燃料、その他の納入可能な物資を在庫量を勘案して可能な範囲内で納入すること。また物資の運搬も協力内容に含まれます。物資供給の際、発生する代金については五泉市が負担。

 協定書への調印を終えて、伊藤勝美五泉市長は「両JAの協力を大変心強く感じている。本協定の締結を発表することができれば市民も安心すると思う。今後とも農業・市政の発展に協力していただきたい」とあいさつ。

 また、当JA髙橋豊組合長は「災害はいつ何時発生するかわからない。今後も市民の安心と安全のために協力していきたい」と話しました。

協定書を手にする五泉市長と両JA組合長

ページトップ