地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > 三位一体で健康管理 (2012.06.26)

三位一体で健康管理 (2012.06.26)

 6月21日、五泉市の猿和田公民館で川東地域健康推進委員会の「平成23年度第17回通常総会」が開かれ、約40人が出席しました。

 五泉地区では、五泉・橋田・川東・巣本の4つの健康推進委員会組織があります。総合検診、ボウリング大会、健康教室、高齢者支援、子育て支援、視察研修、健康たよりの発行など、盛りだくさんの活動を通して、地域住民・行政・JAの三者が一体となって健康管理活動に取り組む組織です。

 開会にあたり、同会の長谷川義弘会長は「出席者の皆さんと共に川東地域の健康について考えていきたいと思っています。健康推進のための様々な活動も用意しているので、皆さんのご協力を頂いて広めていければと思います。」とあいさつ。

 会の後半で同事務局は「健康診断を受けるだけで終わらず、日々の生活習慣を振り返りながら過ごしてほしい」と呼びかけました。

 総会終了後には「こんの脳神経クリニック」今野公和院長を招いて、認知症についての記念講演が開かれ、参加者は真剣な面持ちで、説明に耳を傾けていました。

                       事務局の説明に耳をかたむける参加者

 

ページトップ