地域と旬の話題

HOME > 地域と旬の話題 > まごころ込めて手作り笹団子 (2012.06.21)

まごころ込めて手作り笹団子 (2012.06.21)

 JAの助け合い組織「まごころしろね」が利用者の交流を目的に定期的に開催している「お茶の間」、6月14日にJA本店ドリームホールで開いた「お茶の間」では笹団子づくりを行いました。
 
 材料は「まごころしろね」の事務局を務めるJAの白根訪問介護センターが用意。参加者は団子の生地にあんこを詰めて俵型に成形したあと、笹の葉で包んで菅(すげ)の紐で結ぶという作業を分担して手際良く行い、30分ほどでおよそ90個の笹団子を完成させました。
 
 笹団子づくりに参加した河井ミヤエさん(93歳)は「昔は家庭で良く作っていました。今日は当時を思い出しながら楽しく作れました。みんなで作るとより楽しい」と話していました。

                     和気あいあいと笹団子作りを楽しむ参加者
 
 

ページトップ